お知らせ
三重の木綿展(終了しました)
2016.05.04 〜 2016.05.09
三重県には、長い歴史を持つ木綿もあれば、生まれたばかりの新しい木綿もある。近年の和ブームも後押しとなり、少しずつではあるが着実に再興への道を歩んでいる。そしてその影に、この素晴らしい木綿文化を次世代へとつなげていこうと奮闘する若きクリエイター達がいる。その取り組みを、彼らが生み出した商品と共に紹介し、それと同時に、三重県の誇るべき木綿文化を次世代へとつなげていくことの大切さを多くの方に知っていただきたい。「三重の木綿展」は、そんな想いから生まれた展示会です。

【日時】 2016年5月4日(水)〜9日(月)10:00〜18:30(最終日は17時まで)
【場所】 近鉄百貨店 四日市店 5階催事場 →アクセス・駐車場
【住所】 〒510-8585 三重県四日市市諏訪栄7-34 TEL:059-353-5151
【主催】 株式会社イストグラフ 代表 丸川竜也
【参加者】 丸川商店/RPWORKS/常若屋/ichishina/すかや呉服店/SPYN LAB.
農家の晩ご飯@大台町(終了しました)
2015.11.28
三重県多気郡大台町の道の駅「奥伊勢おおだい」にて、大台町の農をもっと知ってもらうためのイベント「農家の晩ご飯」を開催致します。

農家の方を招き、農業の現状や未来についてのお話を聞きながら、地元で育てられた農作物をふんだんに使った絶品の晩ごはんをいただくイベント「農家の晩ご飯」。今回は、三重県でも屈指の大自然を有する多気郡大台町にて開催いたします。大台町といえば、おいしい空気とおいしい水。そこで育てられた農作物は、遠方からわざわざ買いに来る人で直売所に行列ができるほどの隠れた名産品となっています。ただ、その土地の農作物を美味しくいただくには、それぞれの特徴にあわせた、ちょっとした調理のコツが必要。そこで、大台町で実際に農作物を作っている農家の方のお話を聞きながら、その場で特別な晩ごはんを作っていただきます。大台町の農作物を作っている農家だから作れる美味しい晩ごはんを、ぜひ食べにきてください。
道の駅「奥伊勢おおだい」リニューアルプロジェクト(終了しました)
2015.06.01 〜 2016.03.31
三重県多気郡大台町の道の駅「奥伊勢おおだい」をもっと素敵な施設にしていくために、これからも長く愛されるためにはどうすればいいのか、そんなことをデザインの視点から考えるプロジェクトを、大台町役場から依頼を受けて受託しました。それにからめて、2015年11月に、大台町の農をもっと知ってもらうためのイベント「農家の晩ご飯」というイベントを開催致します。イベントの詳細は追ってご案内させていただきます。

DESIGNED BY CHILDREN 〜デザインを手にいれたコドモたち〜
2015.02.01 〜
多様性への理解やデザイナーの視点や考え方、問題の本質の見つけ方などを、5人のデザイナーがそれぞれにカリキュラム化し、そのカリキュラムを、三重県内の小学校で実施するプロジェクトです。デザイナー達が考えたカリキュラムを実際に子ども達に教えるのは学校の先生達。これは、誰でも、どこでも実施できる汎用性を目指しているためです。もし田舎の子どもたちが、デザイナーの視点や考え方を手にいれたとしたら、将来、デザインを理解した行政マンや、デザインを理解した起業家がたくさん出現するかも知れません。そうなれば、地方で問題になっているあらゆる課題に対しても、もっとスムーズに、スマートに解決へ向けて取り組めるのではないか、そんなことを期待したプロジェクトです。
障がい者雇用促進交流プログラム(終了しました)
2014.08.25 〜 2016.01.29
厚生労働省が立ち上げた、障がい者雇用を促進するための、企業と障がい者を結ぶ交流プログラム事業を受託しました。約1年半にわたり、三重県内の企業と、雇用を希望する障がい者の橋渡し役として、また、障がい者に対する偏見や誤解が生まれないよう、積極的に交流していくプログラムを定期的に開催していきます。
BIRDLIKE 車椅子ブランコ制作プロジェクト
2014.07.12 〜
障がい者がもっと人生を楽しめるよう、様々な企画やプロダクトの開発をデザインでサポートしようと立ち上げた「バードライク・プロジェクト」。「バードライク」とは、「鳥のように自由な人」という意味で、もともと障がい者は健常者よりも不自由だと思われがちですが、彼ら彼女らと接していると、不必要な慣習や規則に縛られないその生き方が、実は健常者よりもよっぽど「自由」なのではないか、という気がしてなりません。現在、バードライクでは、もっともっと人生を謳歌してもらおうと、車椅子の子ども達のために、車椅子に乗ったまま楽しめるブランコの制作をはじめています。車椅子に乗った子ども達の中には、生まれてまだ一度もブランコに乗ったことがないという子がいます。まずは家庭用の小さなものからの開発ですが、1日も早く、ブランコの楽しさを存分に味わってほしいなあと思っています。
SOCS 勢和小オリジナルコミュニティースクール
2014.04.01 〜
文科省が立ち上げたコミュニティースクール事業を受託した、多気郡多気町立勢和小学校において、より勢和地域に適したコミュニティースクールの在り方を実現しようと、勢和小学校の保護者等で構成された勢和小学校オリジナルのコミュニティースクール、通称「SOCS(ソックス)」が発足された。当社では、このSOCSの活動を、主に技術面においてサポートしています。

PAGE TOP